すっぽんに含まれる美肌によい成分

すっぽんの豊富なアミノ酸は肌代謝を整え、美肌効果が期待できる

すっぽんには、リノール酸、アミノ酸、鉄分、カルシウム、コラーゲンなど、さまざまな栄養が含まれています。

 

 

リノール酸は、大豆油や菜種油などに多く含まれている脂肪酸です。植物性食品に多く含まれているのですが、動物でありながらすっぽんにも含まれています。
アミノ酸は、髪、爪、皮膚、筋肉など体を構成する成分です。アミノ酸が不足すると肌代謝が滞り、乾燥肌や肌荒れを引き起こします。

 

 

肉や魚など食事から摂取したタンパク質は、胃や小腸でアミノ酸に分解されて吸収されます。人間には体内で合成できないアミノ酸が9種類あり、これらは食事から摂取する必要があります。どれか一つでも足りないと、アミノ酸をうまく体内で利用することができません。

 

 

桶で説明をします。桶の一枚一枚の板をアミノ酸とします。どれか一つの板が欠けていると水をためることができないし、すべての板がそろっていても短い板があればその場所までしか水を入れることができません。体内で利用されるアミノ酸も、これと同じようなイメージです。少ないアミノ酸にあわせて働くのです。

 

 

すっぽんには必須アミノ酸9種類が含まれています。豊富なアミノ酸は肌代謝を整え、美肌効果が期待できます。

 

鉄分は全身を巡る血液とかかわりがあるミネラルです。成人の体内には3〜4gほどの鉄分が存在していて、60%ほどは赤血球のヘモグロビンの材料になります。鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になり、体の隅々に届く酸素が十分ではなくなります。肌代謝には酸素や栄養が必要です。

 

鉄分には活性酸素を除去する働きもあります。活性酸素は体をさびつかせて老化を進行させる物質です。呼吸をした際に取り込んだ酸素の2%ほどが活性酸素になったり、ストレス、大気汚染、喫煙、睡眠不足などで発生します。体にはカタラーゼやスーパーオキスドジスムターゼといった活性酸素を除去する酵素が備わっていて、鉄分はこれらを作るために必要です。

 

 

カルシウムは丈夫な骨や歯を作るために必要なミネラルです。各種ホルモンや酵素の活性化にもかかわっています。

 

コラーゲンはぷるぷる肌のために必要な成分としてよく知られています。皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されていて、コラーゲンは真皮に存在しています。エラスチンとともに肌の弾力を維持しています。コラーゲンが不足すると、肌の弾力が低下したり乾燥をします。すっぽんの甲羅にはゼリー状のものが付着していますが、これがコラーゲンです。体内のコラーゲン合成が促進されて、若々しい肌になることが期待できます。"