乾燥肌対策に!気をつけて摂りたい栄養成分

乾燥肌対策に!気をつけて摂りたい栄養成分

肌トラブルの一つ、乾燥肌。しわやくすみを引き起こしたり、ひどくなると白く粉を吹いたようになったり、皮膚炎となってしまうことも。その原因は水分と油分が肌から失われることです。エアコンの効いた室内で長時間過ごしたり、間違ったスキンケアをしたり、栄養が不足していたり…生活の中に乾燥肌を引き起こす危険がいっぱいです。避けては通れない加齢も大きく影響します。

 

 

乾燥肌の対策に重要なのは保湿、それと栄養と睡眠をたっぷりとって肌の新陳代謝を活発にすることです。もちろんバランスよく栄養をとることが何より大切ですが、そのときに特に気をつけて摂りたいのがタンパク質とビタミン、それから脂質です。まずタンパク質は肌の主成分で、肉や魚介類、大豆やチーズに含まれています。そしてビタミンの中でもおすすめなのは肌に潤いを与えるビタミンAやC、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2、血行をよくするビタミンEです。ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、ビタミンCはいも類や野菜、果物に多く含まれています。ビタミンB2を多く含んでいるものはレバーや卵、ビタミンEはナッツやかぼちゃ、モロヘイヤなどが代表的です。そしてもう一つ重要なのは脂質です。

 

 

ダイエット中でもあまりに脂質が不足すると肌がカサカサになってしまいます。質のよい植物性の油を適度にとりましょう。ビタミンの一部は油と一緒に摂った方が効率的にとれるものがありますので、一石二鳥ですね。献立の例としては、小さく切ったじゃがいもや野菜に火を通し、溶いた卵と混ぜてフライパンで焼いたスパニッシュオムレツや、白身魚とトマト、ブロッコリーを使ったアクアパッツァはどうでしょう。

 

 

ビタミンCは水溶性なので、ブロッコリーの下ごしらえはゆでるより電子レンジを使う方がおすすめです。それからナッツはビタミンと脂質を含むので、美肌を作るためのおやつには最適です。最後になりましたが、水分を十分にとり、体の外からだけでなく中からの保湿も忘れないようにすることも大切です。栄養と水分をたっぷり摂ったら後はぐっすり眠って、規則正しい生活から肌のターンオーバーを促しましょう。